食物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーの人が増えているそうです。卵、小麦、ピーナッツなどのナッツ類、花粉など、なんらかのアレルゲンが原因で症状がでる。検査・薬・治療が必要な人、食事のレシピに注意が必要な子供、赤ちゃん・乳児が。。。

人気の商品キーワード > 食物アレルギー

食物アレルギーの症状に苦しむ人のために

アメリカ、メジャーリーガーでは、食物アレルギーの症状に苦しむ人にも野球観戦を楽しんでもらう取り組みが行われているそうです。

どんな取り組みか?というと、「ピーナッツアレルギーフレンドリーゲーム」

ボストンレッドソックスでの取り組みが有名なようです。年に何ゲームかですが、

・客席の一区画を、徹底的に清掃する。
・ピーナッツなどの食べかすが落ちていないようにする。
・ピーナッツの入ったものの販売を禁止する。

それと、「ピーナッツフリーブース」

こちらは、年間を通して、用意されるブース。赤ちゃん、乳児や子供をもつ家族などに好評だそうです。みんな一緒に観戦できる。球場にいくことができる。

どちらも原因になるものを遠ざけて、安心して観戦できるようにしようという取り組み。

でも、アメリカでも全部の球団で行われているわけではないそうです。

バリアフリーの取り組みというのは、こういうところにもあるのですね。

症状を抑える、検査して、原因を突き止める、薬をつくる、薬で治療するといったことや、それぞれの家庭で食物のレシピに気をつけるということも必要なことですが、社会での取り組みというのも、日本でも広まるといいですね。

食物アレルギー バリアフリー

アレルゲンに近づくだけでも、症状がでる人もいます。

なかなか、自分や子供の食事・レシピに気をつけていればよいか?というと、それはそうなのですが、それだけでは済まないこともあります。

それこそ、大きなイベントがあって、人がいっぱい集まるところにはなかなかいけないということもあります。大きなバリアがあるようなもの。

バリアフリーというのは、見て目でわかる、お年寄りや体の不自由な方、お腹の大きくなった妊婦の方、怪我をされている方たちだけではないのですよね。

アメリカ、ボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークといえば、松坂大輔投手の在籍しているところでもあります。

食物アレルギー研究会で、食物アレルギーとはどんなものか、どういう対応が必要なのかといった情報も公開されています。でももっともっと、バリアフリーの取り組みが広がればよいのですけれど。

お探しの商品の検索にご利用ください



SEO


食物アレルギー トップへ戻る